スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterには社会的な支援があってもいいのではないか?

Twitterの利用者が増えるにつれて,不具合が多くなってきた.
いまやTwitterを利用するのは個人だけじゃない.企業や政府の利用価値は非常に高い.
Twitterの利用によって政治や経済がよりなめらかに動くことが出来るのであれば,
社会にとってそれは有益なことなのだし,もしそれがもっと一般的になれば,社会はTwitterに依存し始める.
そうなったとき,不具合が今のように起こり続けていたら,それの社会への影響はとても大きなものになると思う.

それを防ぐために,もっとTwitterが安定したシステムになるまでは政府の支援を受けてもいいのではないだろうか?

その方が税金によって集められたお金を生金に出来ると僕は思う.




ところで,
ここまで言っといてなんだが
Twitterの商業的な価値って数字ではどのくらいあるんだろう...

と疑問に思ったので調べてみた.


「商用Twitter」の意外な好成績:Dell社の売上は300万ドル

すごいな.

いまやTwitterは就活にも必要なんだとか...


でも,確かにTwitterは様々な面で便利だと実感する.
高校生あたりからTwitterは必修にしてもいいんじゃないかってくらい
リアルな社会の情報が入ってくる.


例の経済学中学生などにみられるように
そのうちTwitterで世界を学んだ若年層が,社会に大きな発言力を持つようになるのかな
と少しわくわくしている.





スポンサーサイト

AVATAR(ネタバレ注意)

今日AVATARを見た.







ものの数分でその世界に入り込んでしまった.



まず,CGがとても綺麗だった.

3Dで見たかった.

これでこんなに美しいなら3Dはきっと本当にすばらしいのだろうと思った.



その後,その世界観を考えた.


まず,舞台はどこか遠い星.


その星には知的能力を持った先住民”ナヴィ”がいて,そこに文明を築いている.


その星ではあらゆる生命が神経を繋げ,ネットワークを広げることができる.

それによって,自然や,動物たちと心を通わせることができる.

そして彼らはそれを利用して生きる.

まさに共生しているのである.



地球でも共生によって生命は生きているが,
ここでは共生の度合いを高め,より互いに依存しあう星を想定している.



そして,そこには地球人の求める鉱石がたくさん埋まっている.


なんでも一キロあたり20億ドルで売れるとか


それを求めた地球人がその場所を先住民から一方的に奪う.


結局,ナヴィやその他のその星の生命と戦争になる.






...
一部ではこの作品に対する批判があるようだ.

たとえばアメリカでは保守派が反米,反軍の映画だと言っている.


アメリカを地球人として,
鉱石は石油
その星は中東
ナヴィはその地域の人とするとなんとなくうまく合致してしまってるように感じる.


そんな感情を映画の視聴者に抱かせてしまうことで,アメリカ国内でも反米感情が生まれてしまう.





しかし,
僕はそれで正しいと思う.
いままでがそもそも情報操作された幻の認識だったからだ.

普通,人間は自分を肯定しようとする.

肯定するために現実を離れてしまう.

そして現実から離れたところである映画のなかで,
現実を垣間みせる.

それによって彼らは現実に帰ってきて,
自分たちを客観的に見ることができるようになる.



しかし,
帰ってこない人もいる.


アバター鬱という言葉ができた.


アバターをみたあと,欝になる人たちが生まれたのだ.




3Dでリアルに表現されたAVATARの世界観に感動し,
また,そこから現実を見ることで,
いままでも存在していたがさして気にしていなかった現実の短所に目がいってしまい,
現実が嫌になる.

自分を肯定するために,
脳はアバターの世界が自分の現実だったらいいのに
という願望を意識の上で叶えてしまう.


本当の自分はあっちにいて,こっちは夢なのだという錯覚.


それは理性ではそんなことはないとわかっても,
深層意識のなかでそうなってしまっている.


逃れられないのだ.



そして欝になる.






ただ,だからこそ
鬱っていうのは簡単に治るもんだと僕は思う.


深層意識にわからせればいい.



深層意識が納得すれば現実に向き合える.









アバターをみて
世界としっかり向きあって,
そのために動こうとするひとが増えれば

アバターのような争いは今後減っていくだろう.





だが,そのような争いは消えることがないとも思う.



一握りの人間によって情報が変えられてしまうことがあるからだ.



それを防ぐにはそのようなことが起こらないようなシステムを作らないといけない.



そのシステムの構造はいまだに分からないが,
いつかそのようなシステムが作られ,世界中に広がればうれしい.







開設!

特に何も考えないで作りました!笑


あんまり更新しませんが
気長に見てください!
tweet!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。