スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月4日の朝生に関する個人的なつぶやき

こないだの朝生からホリエモンの他国が攻めて来ることなんてありえない発言から
少し気になり続けてる.

僕もいまどき他国が攻めてくるなんてありえないと思ってるし,
自衛隊なくなったところで,だれか攻めて来ることなんてあるのだろうか
って前から思ってた.


いまどき国家レベルの数の人間たちを相手に軍事力でどうこうできる状況なのか?

昔はそりゃ必要だった.
人は自分のために生きる.
自分の為にっていうのは自分の周りの人のことも含めて「自分の為に」
そのために国家を守るのはひとつの強力な手段であったから国家を守る必要があった.
また,相手の国が小国であれば戦って攻め落として,その国の「規律」を無意味なものにして,
その土地の個人個人を武力で圧倒すると,自分や仲間を守るための現実的な選択肢として
服従を選ばざるをえない状況になる.

自分一人の反抗では国家レベルに対して力がなさすぎた.自分一人の反抗では周りを助けられないばかりでなく,
周りの人達にも迷惑をかけてしまう.


侵略は,侵略する国家に対して,される個人の力が影響力を持たないことから成り立ったものだった.


しかし,現在は違う.
それは番組で東浩紀さんが述べていた言葉がすごく分かりやすいんじゃないかと思う.

「だけど仮に沖縄が中国に占領されたとしてもですよ?沖縄の人民もですよ?皆ツイッターとか持ってるわけですよ.そこには世界中から支援も集まるし,当然中国も変な事は出来なくなる.そういう意味で言うと主権国家対主権国家、軍事力対軍事力ということで全てのパワーバランスが決まるような単純な時代ではないということを堀江さんは言っているということですよ.」

みんなここの言葉をTwitterがあれば沖縄は大丈夫って言ってるんだと捉えてるけど,
「とか」って言葉が付いてる.


彼の言葉の真意はTwitterとかっていうかインターネットが普及し,その上でTwitterのように世界に言葉をリアルタイムに発信できるようなシステムも広く知られ,みんなが使うようになったってことだと僕は解釈した.


言葉を世界に対してリアルタイムに発信できる力って
相当な力だと思う.

個人の力ではほとんど無力かもしれないけど,
それが世界のほんの0.000001%にでも届けば7000人である.

0.000001って数字はテキトーに数字を打ったけど,
平均フォロー数183人(ソース→http://ascii.jp/elem/000/000/502/502202/
ユーザー数1億5千万の
Twitterのシステムだけでも
個人の言葉がどれだけの人間にどの位の速度で伝わるか,想像がつくと思う.


mixiも,Facebookも,モバゲーも,GREEも,ブログも,ニコ動やYouTubeも,

日本にも世界にも
情報のネットワークは張り巡らされている.


それを考えた上だと,
一人の言葉は国家に影響を及ぼすほどの人間に伝わり,
一人の人間は団結して周りの人間を侵略から助けるほどの力を持つ
んだと思う.


それを侵略する側は理解していないと意味が無いというかもしれないが,
そもそも,侵略する側は相手の国に少なからず,興味があるから侵略するのだろうから
相手の国に対して何の調べもなく侵略なんてするだろうか?


自国の勝利,自分のためを思うならば,相手国に対して深く深く調査し,綿密な計画をたて,
それから初めて侵略するんじゃないだろうか?

その過程でその国に影響を及ぼしているインターネットのサービスに気づかないだろうか?



そもそも,
国を実質的に動かせるような頭のきれる人物が
そういったサービスを知らないなんてありえるのか?




なんてことを前々から考えてた.





が,



少し考えてるうちに
その上で侵略してくるようなことが本当に無いのか?
っていうことが気になった.



そういうサービスがあることを知った上で,
侵略を国家を動かす人が選択するとしたら,その理由としてどんなものがあるだろう?


損得勘定でいえば
侵略したときの損害が利益より大きく小さかったら,
侵略すると思う.


損害っていうのは侵略の後に反乱を抑えたり,
国家の侵略による貿易の損害とかその他もろもろの損害.


仮に,日本が軍事的な防衛力を持たなかったとして,
急に他国が侵略してきたとする.
あっという間に侵略されて日本人全員が侵略国の管理下に暴力的に置かれたとする.

その国は日本の貿易を今までどおりにやらせると侵略すると同時に言った.

関係ない他国には不利益がない.

そのうえで,日本中の情報統制.

Twitterとかそういったサービスの規制が迅速に行われてしまったら,

どうだろうか?


今まで,そことやってきた貿易はまるで企業どうしが合併したかのように国内での流通になり,
市区町村の合併のように政府の予算を増やせるんじゃないかってなってくるんじゃないか?


日本人って,与えられた環境で真面目に努力する人が多い気がする.
だから侵略されてもその環境でよっぽどヒドイことにならない限り,大多数はそのまま努力しちゃうんじゃないかって気がする.

情報統制によって,個人が国家に対抗する術を奪われたら,その環境でみんな自分と周りを守るように努力する.

戦後日本人がすぐに立ち直ったのも,そういう性格だったからって気もする.
そういう性格を持つことが美学みたいな教育が受け継がれてるし.

そういう性格のほうが国として安定するし,それはすごくいいことなんだけど,
裏目にでないかな?

なんて考えた.




でも,

ここまでのことを全否定するようだけど,

そもそも日本って国全体を侵略されるようなことってないような気がする.

奪って得しない.


日本語は日本だけだから,
それを一から教育して言葉を変えるなんて無茶だし,
そんなめんどくさいことする国があるか?

それを残したとして,資源もない日本を誰が欲しいんだ?

国土を手に入れても,かつてほぼ完全に思想から団結してたこの国民はまた全員一丸となって反抗するかもしれないのに,人材で成り立つ日本の人材以外を手に入れてもお荷物なだけじゃないか?

略奪できるのは博物館にある歴史的お宝とかそういう価値あるものくらいで,
ほかに何があるというのだろう?

世界的なバッシングを受けるリスクを背負って
日本を侵略する意義なんてコレっポッチしか実はないんじゃないか?


日本の価値は人そのものにあると思う.


これって実は最大の防御だったんじゃないだろうか?



奪うに奪えない.



日本人が心のそこから納得出来るような,正攻法で
侵略するならしないと,
武力とかそういうのに頼っても侵略できない国なんじゃないかな?




なんて思ったりもして,
あっちこっち考えが回り続けてる.





でもあくまでいまは国家全体の侵略を
日本に防衛力がなかったとして考えてて,

国の一部とかには言及してない.

竹島とか尖閣とか
そういう資源が関わるような場所で領土問題になってる場所
僕はそんなに詳しくないからなんとも言えない.

詳しくないっていうのはもちろん興味はあるし,
ある程度の記事も読んでるけど,
問題なのはその記事が全部日本語っていうことで
つまり,客観的な判断ができないってこと.

よく,「明らかに日本の領土で」って言葉があるけど,
その明らかは僕にとって明らかではない.

だから僕はそれを認めたりはできない.

それは自分が数学書読むときに,「明らか」って書かれたことは証明してるっていうのもあって
超個人的な問題なんだけど.

でも
http://twitter.com/#!/_flyingmoomin/status/30250782485913600
このツイートの最後のオチはいいとして
明らかって「大罪」ってほどじゃないけど
数学じゃなくてもけっこう危険な言葉だったりすると思う.



話がそれたけど,
日本語の記事だけでは領土問題に関して絶対日本の言い分が正しいなんて言えないから
中国や韓国やロシアの記事も読まなきゃいけない.

でも,
多分それってどっちの言い分が正しいかなんて
どっちの国のメディアも自国が正しいってしてる以上,
議論は平行線のまま進展しなそう
な気がする.



仮に,
そこに他国が無理やり占領したら,
経済制裁なり,国連で訴えるなり
その国にとって不利益になるようなことになるだろうし,
そしたら
他国も嫌だし,そんなことしない
んじゃないかな?

日本が無理やり自衛隊の力で押し返しても
それはそれで貿易とかの不利益なことにはなるだろうし,
すべきじゃない.

プライドとか
そんなものより,家族や友達の安全や生活をかんがえるべき
だろう.

戦後みたいに.
プライドもつのが悪いとはいはないけど.


そもそも第二次世界大戦だってまるで日本が悪役のようだけど
玉音放送の
「曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
(先に米英二国に対して宣戦した理由も、本来日本の自立と東アジア諸国の安定とを望み願う思いから出たものであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとから私の望むところではない。)」
(ソース→http://homepage1.nifty.com/tukahara/manshu/syusensyousyo.htm
っていってるように日本がホントに悪いヤツだったかって言われても微妙な気もしてくる.
もちろん,この文もどれくらい信じられるものなのかわからないけど.

だからそれすら今までどおりの習ってきたような知識で判断できるかはわかんないし,
そしたら今までの常識なんてあんまり気にしないで,
むしろ疑ってかかるような姿勢の方がいいんじゃないか?ほりえもんみたいに.


また話がそれたけど

領土問題は防衛力とはあまり関係しなくていいんじゃないかってこと.

踏み入ったら双方に不利益だし,


かといって爆破するなら
なんでもともとウチのものなのに爆破しなきゃいけないんだって意見も出てくるだろうし,
結局,平行線にしといて何もしないのがベストなんじゃないかなー


いつか近いか遠いかわかんない将来で国境って概念があまり気にならなくなるときは来ると思うし.


ほりえもんが領土問題の領土を
あげてもいいって言ってたのは
あれをそのままにしておくより,あげてしまってすっきりしたほうがいいってことだと思うけど.

アレは国にとって資源の権利のための土地なわけで
日本の価値って日本人自身にあると思ってるから,
あれをあげても別にあの辺の資源の利益を得られるかもしれなかった人たちに援助するくらいの余裕は日本にあるだろ?ってことなんだと思う.
勝手な解釈かもしれないけど.


けち臭いっていったのも多分ソレくらいの人たちを援助してやることもできないのか
って意味なんじゃないかな.
わかんないけど.

僕はそう解釈した.



そうすればそこに防衛力を考える必要はないだろうし
ほりえもんの言うことは理にかなってると思う.





でも
防衛力を今すぐになくしていいかっていうとそれは違う話.

日本に侵略してくる理由が僕には不確定なもっと大きな物で存在するかもしれないし,
その可能性をぼくには否定出来ないから
今ある防衛力を維持するか,すこしばかり縮小してもある程度のこして置かないとヤバイかもしれない.

この場合は不確定な要素がかなり重要だから現状維持が好ましいような気がする.

しかも現状維持っていうのは
世界に対する力のバランスの維持
国防費に関してってわけじゃない.

だから世界が軍事強化すれば
必然的に日本も防衛力を強化せざるをえないんじゃないかな.


ある程度は軍事的な力だけじゃなく経済とか含めた防衛力のバランスを維持しつつ
お金は削減できるだろうけど.





最後にまとめると


・他国が攻めて来ることはないと思う.

・個人が国家に影響力を持てる時代になってきてる.

・領土問題と防衛力に関しては現状維持がいいと思う.




ってこと.




昨日風邪で寝込んでる間に色々と考える時間があったのと,
思わず予定に空きができたから
こんなに長くつぶやいてしまった…



長文しつれいしました.




スポンサーサイト
tweet!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。