スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬や猫は価値を生み出すのか

犬や猫の殺処分は日本だけで年間50万匹と言われている.
それに関して保護を唱える声が多くあがっているが
それって解決にはならないんじゃないかと思う.

保護するのにお金がかかり,
また,保護のもとで生きる彼らは減ることを知らないから
結局またお金がかかる.

いずれ限界が来て殺処分するしかないんじゃないか.


そこでふと
保護するからお金がかかるのだから,
保護しなきゃいいじゃないか,
と思った.


具体的には
彼らに自分たちで価値を創造させる.

例えば警察犬はその働きによって価値を創造しているし,
そういうやつは殺処分されることが決してない.


盲導犬だってそうだと思う.


昔は犬は人間の生活のために必要だったから
共生することができた.

それなら
いまだって
犬や猫の必要性を人間の社会に埋め込めばいい.


猫はいるだけで
人の心を癒す.


自殺が増えるこの日本で

独り身で辛い生活を送ってる人のところに
一匹の猫がいたら
もしかしたら
その人は自殺しなかったかもしれない.


守るべき存在は人間が働くためには必要なんだと思う.



人間の生産性を上げる為に猫や犬がそこにいるだけでも
それは大きな価値になる.


そういうふうにして
人の生活の中に
もっともっと
犬,猫を定着させる



犬だったら
もしかしたら訓練したら
工場とかで簡単な仕事を任せられるかもしれない.


その鼻を活かして
人間以上の生産性を持たせることができるかもしれない.



そうやって
「人間の利益のために」

「犬猫が生きるために」
が合致したとき

世界から
少しでも
命の無駄な消費が
減るんじゃないかと思う.






TPPについていくつかの記事を読んで思ったこと


どれも読めば納得してしまいそうな正論だった.

TPP推進派は日本農業の経営が自立することを望んで,
反対派は日本農業の淘汰を危惧している.


個人的な意見で現実的でもないかもだけど
組合が企業となって大規模に農業を行う.
ある程度大丈夫になるまで
ゆっくりと輸入品の関税率を下げていき,
最終的にはなくす.

っていう方向で行くしか無いと思う.

すでにTPPはいつかは絶対実行されるものだと思ってるし,
遅かれ早かれこうなるしか
日本農業は生き残る道がないと思うのだ.


参考したURLをいくつか
http://news.livedoor.com/article/detail/5194310/
http://news.livedoor.com/article/detail/5187921/
http://news.livedoor.com/article/detail/5187269/
http://news.livedoor.com/article/detail/5181936/



windowsサイドバーが停止した

OSはVista
PCはFMV


最近Windowsサイドバーをよく使ってるんだけど
この前再起動したときから
「windowsサイドバーは動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。 プログラムは閉じられ、解決策がある場合はwindowsから通知されます」
が表示されて起動しなくなった.


ガジェットの数を増やしたことでメモリを多く使うようになって
メモリが不足してると起動しないみたいだ.

ということで
常駐プログラムをいくつか終了させて起動したら
すんなり起動した.



メモリの最適化とかでもうまくいくかもしれない.



Vistaは段々重くなるから
やっぱ自動で全部やってくれるソフトいれようかな.




ソースネクスト 驚速 for Windows (Uメモ)ソースネクスト 驚速 for Windows (Uメモ)
(2010/02/05)
Windows

商品詳細を見る




個人的に
コレを入れてたころはPCに不具合がほとんど起きなかったからおすすめ.

素数の歌





素数の歌





ほんとに素数っぽいです.



リンク先で再生.
IEじゃないと再生されないかも...





BLOGOSでの税金論争を受けて少し考えてみる

BLOGOS


今朝からなんかBLOGOSで消費税に関する議論が勃発している.


概要としては,まず藤沢数希さんが
『なぜ増税は消費税でなければいけないのか?』
というタイトルで消費税増税の必要性を説いている.

その後,小飼弾さんが
『なぜ増税は消費税であっては駄目なのか』
というタイトルで反論.

それを受け池田信夫さんが,
『消費税は逆進的ではない』
というタイトルで小飼さんの説明の誤解を指摘.


ここからどうなるかスゴク楽しみだ.






僕としては池田さんの「消費税は逆進的ではない」という意見がとても興味深かった.

高校の政治経済の授業では実際,消費税は逆進性をもつものの代表のように教えられたからだ.


池田さんはその論拠としてこれを引用している.

消費税は本当に逆進的か


6ページにそれが書いてある.
消費階級データから生涯所得と生涯消費税負担率を計算して,
「消費階層別に生涯所得階級を定義すると,消費税負担は「累進的」」なんだそうだ.

グラフもリンク先にあるのでぜひ見て欲しい.


なぜこのような結果になったのか疑問でしょうがない.


生涯所得に対する食費の消費税負担率が所得が多いほど高いのは
消費全体の中に占める食費の割合が所得が多いほど低いからだろうとはおもうが…

なぜ一般的に消費税が累進的であるような結果になっているのか.


消費税が非課税となるような取引がなんなのかから考えよう.

No.6201 非課税となる取引






(1) 土地の譲渡及び貸付け
(15) 学校教育
(17) 住宅の貸付け


この辺の項目が大きく関係するんじゃないか?

例外も多少いると思うが
所得の低い人ほど
所得に占めるこれらの割合は一般的に高い.

所得の高い人ならマンションや一軒家を買えるから,これには消費税がかかるので
所得に占める消費税の割合は変わらないが,
所得の低い人ほど家を買うお金なんかなく,借家に住むことになる.
とくに都会は狭い部屋でも家賃が高いので
所得に占める家賃の割合が高くなる.
これには消費税がかからないので,所得に占める消費税の割合は低くなる.


学校教育だってそうだし,
土地だって同じことがいえるだろう.

これらは生活するために払わざるをえない支出であるから,
回避することもできないので
所得からこの値は引くべきなんじゃないだろうか.


所得からこれらを引いて考えると
消費税の累進性はなくなるのではないだろうか?



また,
極論だが
ホームレスを考えてみる.

彼らの収入が空き缶を集めて手に入れた僅かなお金だったとして,
彼らは所得の100%を消費税のかかるものに使うから,
彼らの所得に対する消費税の割合は5%のままだろう.


これは所得が最上位にある人達よりも高い割合だ.


これでは明らかに逆進性である.





じゃあなぜ消費税に累進性があるのだろう.

僕の技量ではそこにたどりつけなかった.

もう少し今後のBLOGOSを読んで勉強していこう.







tweet!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。